フォントによって受ける印象が違う?

あいうえお表

看板のデザインには色・レイアウト・素材など様々な要素が含まれますが、文字のフォントも重要な要素の一つです。フォントとは、同じ特徴のある文字の形状を一揃いでデザインしたデータのことを指します。

フォントにはとても多くの種類があり、どのフォントを選ぶかによって、見た人が抱く印象は大きく変わってくるのです。そのため、看板の文字のフォント選びをする際には、どのような人にどういった印象を持ってほしいのかを考えて選択する必要があります。

明朝体

横線が細く縦線が太い、始まりの線は細くはね、はらいの部分は太いというように線の太さに差があり、線の右側にうろこといわれる三角形の飾りがつくのが特徴になります。知的・高級・繊細といった印象があります。

ゴシック体

線の太さが均一で、装飾もないデザインになります。遠くからも見やすく、力強さ・信頼感・シンプル・モダンな印象があるデザインです。

筆文字

筆文字のフォントは和風でややかしこまった雰囲気を出すことが出来ます。筆で表現したはね、はらい、とめの強さや線の太さによって「楷書体」「行書体」「勘亭流」など様々なスタイルに分かれます。

装飾文字

その他にも、ゴシック体を丸くしたようなデザインの「POP体」や、手書きのような味わいがある「クラフト体」、元の書体を崩したデザイン文字など、個性的なフォントが数多くあります。

カルプなど切り文字で看板を製作するなら~木銘板など様々な素材の看板製作に対応~

カルプなど切り文字で看板を製作するなら~木銘板など様々な素材の看板製作に対応~

カルプなど、切り文字で看板を製作するなら【ルーターエポック】にお任せ下さい。【ルーターエポック】では、カルプでの切り文字はもちろん、木銘板を彫刻した看板の製作も可能です。

木銘板の彫刻は、かまぼこ彫り・平底彫り・浮出し彫りの対応が出来ます。樹種などによっても異なる風合いになり、塗装や加工によっても雰囲気を変化させることが出来るため、世界に一つだけの看板を持ちたいとお考えの方は、ぜひご相談下さい。

様々な素材の看板製作が可能で、デザインやクオリティには自信を持っています。切り文字製作や木銘板の彫刻などを行っている専門の業者をお探しの企業の方は、ぜひ【ルーターエポック】にご依頼下さい。

関連記事

お役立ちコラム

用途に合わせた切り文字をお選びいただけます

大型・屋外用

牛たんけやき様 カルプ切り文字
カルプ切り文字

低価格
900mm角迄の大型
軽量で施工も簡単
屋外に最適

意匠性・対候性

装飾切文字 ABS樹脂 C面取
装飾切り文字

高級感
300mm角迄の中型
テーパー等の装飾
屋内外に対応

手軽・簡易版

みそや源兵衛様 レーザー切り文字
レーザー切り文字

低価格
5mm厚迄の小型
両面テープ取付
屋内用の簡易文字