C面取り加工について

文字の輪郭をナナメに落し、立体感を持たせた装飾加工です。
ナナメに落とす部分は45度の角度になります。
材料厚みの約半分程度を面取りする事で見栄え良く仕上がります。

仕様例

文字サイズ: 高さ(h)=100 厚み(t)=10

厚み(t)=10mmなので、材料厚みの半分落とすと5mmです。
輪郭線の内側に5mmのオフセットが面取り部分になります。 ※赤が面取り部分

文字輪郭は材料上部になります。
そこから8度のセミストレートカットを行い、更に45度の面取りカットを行います。
書体の太さは最低でも文字厚み(t)と同じかそれ以上は必要になります。

明朝体は特に横線が細くなっているので注意が必要です。
必要な文字の太さが足りないと、文字のトップが削れて無くなってしまいます。

向いている書体 :丸ゴシック・角ゴシック
向いていない書体:明朝体

 5mm10mm20mm30mm
推奨文字サイズ50~100mm100~200mm200~300mm300~400mm
面取り角度45度45度45度45度
最小書体太5102030