チャンネル文字とは

チャンネル文字とは

「チャンネル文字」は箱文字・BOX文字とも呼ばれる厚みのある文字を指し、材質はステンレスや銅、亜鉛、アクリルなどが用いられます。チャンネル文字は、材質によって鏡面・塗装・ヘアーラインなどの表面処理も出来ます。また、文字自体を直接壁に取り付けられることで、少し浮かせて壁に取り付け裏からライトを当てるなど、取り付け方法などによっては様々な演出が可能です。

金属製のチャンネル文字の場合、材質による値段の変動、文字の厚みや重み、強調による印象の違いといった点で悩むケースは少なくありません。看板文字のデザインや製作を専門的に担う【ルーターエポック】へご相談下さい。ルーターエポックでは、カルプ切文字・ABS樹脂文字・レーザー切文字を中心としたチャンネル文字を提供しています。金属に比べて加工性に優れ、低価格で軽く、短納期での製作が可能なセルラボードやアクリルといった素材を使用します。

シンプルなデザインから凝ったデザインまで、様々なご要望を取り入れた製作が可能です。看板にチャンネル文字を使用する際は、ぜひ【ルーターエポック】へお問い合わせ下さい。

看板に立体文字を用いるならおしゃれな看板作りをサポートする【ルーターエポック】へ

看板の立体文字をお求めなら、数多くの看板文字の製作を手がける【ルーターエポック】へご連絡下さい。特に立体文字を使った看板文字の製作実績は多く、ホームページでは一部の事例を紹介しています。

立体文字は、カルプ切文字・テーパー加工文字・レーザー切文字など製作方法もいろいろあり、カルプ切文字の後加工でマーキングシート貼りやウレタン塗装仕上げも対応します。

立体文字の看板の製作でお悩みなら、おしゃれな文字を提供する【ルーターエポック】へご相談下さい。

看板の立体文字を注文するなら【ルーターエポック】にお任せ

看板の立体文字を注文するなら【ルーターエポック】にお任せ

看板の立体文字を専門業者に注文する際は、【ルーターエポック】にお任せ下さい。加工精度の高いルーター彫刻機をはじめ機械設備が充実しており、セミストレートやテーパーカットなど色々な加工で立体的な文字を製作することが出来ます。

これまでの経験で培った知識や技術、ノウハウを活用してお客様のご要望に応じた文字製作を行いますので、看板の立体文字の製作ならぜひ【ルーターエポック】へご依頼下さい。

関連記事

お役立ちコラム

用途に合わせた切り文字をお選びいただけます

大型・屋外用

牛たんけやき様 カルプ切り文字
カルプ切り文字

低価格
900mm角迄の大型
軽量で施工も簡単
屋外に最適

意匠性・対候性

装飾切文字 ABS樹脂 C面取
装飾切り文字

高級感
300mm角迄の中型
テーパー等の装飾
屋内外に対応

手軽・簡易版

みそや源兵衛様 レーザー切り文字
レーザー切り文字

低価格
5mm厚迄の小型
両面テープ取付
屋内用の簡易文字